サステナビリティに関する取り組み

Ⅴ. ガバナンス

A. コーポレート・ガバナンス/コンプライアンス体制

資産運用業務を受託するADIMにおいては、受託者責任に対するコミットメントの明確化、コンプライアンス委員会や投資委員会の設置等、ガバナンス体制を構築しております。同体制により業務におけるリスク管理やコンプライアンス遵守を徹底し、利益相反取引の適正化やコーポレート・ガバナンスの改善や向上に努めております。

  • コンプライアンスは、こちら
  • 利益相反取引適正化への取り組みは、こちら

1. サステナビリティ推進委員会設置

ADIMでは、サステナビリティ向上活動を組織的に推進していくため、「サステナビリティ推進委員会」を設置しています。委員会は四半期に1度開催され、サステナビリティに係る目標や施策の立案、環境パフォーマンス・外部機関によるESG評価結果のモニタリング、目標への到達度確認、残課題や新たな課題のための目標再設定、というPDCAサイクルを実施し、中長期的な資産価値の向上を目指しています。

なお、目標はサステナビリティ最高責任者である代表取締役が決定し、目標や施策の進捗状況等については、半年に一度取締役会に報告しています。

2. サステナビリティチーム設置

ADIMでは、サステナビリティ向上活動を推進していくため、「サステナビリティチーム」を2019年4月に新設致しました。
同チームは、サステナビリティ推進委員会を運営し、中長期的な資産価値の向上を目指すべく設立されました。
また、同チームには専属の従業員を配属しております。

3. 報酬体系

本投資法人からADIMに支払う、報酬は以下の通りとなります。
なお、本投資法人は規約及び資産運用委託契約に基づき、同報酬の一部に、NOI及び当期純利益に連動した資産運用報酬を採用し、投資主との利害の一致を強化させております。

NO1*1及び調整後EPU*2の実績に連動した資産運用報酬体系

*1 NOI=不動産賃貸事業収入合計から不動産賃貸事業費用合計(原価償却費及び固定資産除去損を除く)を控除した金額
*2 調整後EPU=報酬IIIの金額を控除する前の当該営業期間に係る当期続利益/当該決算日における発行済投資口数

B. 情報開示体制

本投資法人は、透明性確保の観点から、法定開示に加えて、有用かつ適切と判断される投資情報について、正確、迅速かつ理解し易い開示に努めます。具体的には、東京証券取引所の適時開示(TDnet登録及びプレスリリース)に加えて、本投資法人のホームページを通じた積極的な情報開示を行っております。

2018年度のIR活動

対象/概要

回数(回)

個人投資家

26

機関投資家

決算説明会

2

コンファレンス

6

個別ミーティング

188

C. 各種規制

  1. 本投資法人の執行役員及び監督役員は、自己又は第三者の為に、本投資法人の投資口及び投資法人債の売買(第三者をして行うことも含む)を行うことは、内部者取引管理規定に基づき禁じられております。
  2. 本投資法人の役員及び監督役員が、各種省令に違反したり、不当な利益を図ったり、不適切な行為をした場合は、報酬の減額等懲罰規定に基づき懲罰されます。
  3. 投信法や投資法人規約により、投資主の権利が定められております。なお、詳細については、有価証券報告書をご参照願います。
  4. 投資法人役員の報酬については、投資法人規約にて支払い基準(月額上限金額、一般物価動向や賃金動向等に照らして、合理的と判断される金額として役員会で決定する金額)を定めております。

D. スポンサーのサステナビリティ方針

ADIMのメインスポンサーである伊藤忠商事では、サステナビリティ推進の方向性を「サステナビリティ推進基本方針」として定め、重要なサステナビリティに関する課題を抽出した「サステナビリティアクションプラン」を策定しております。そして、年2回のレビューミーティングを開催する等PDCAサイクルシステムに則り、サステナビリティを推進しております。

なお、詳細については、こちらをご参照下さい。