何が違うのADR?

< ADRが掲げる運用戦略の基本方針 >
長期安定的な利益分配の実現

< ADRが掲げる運用戦略の基本方針 >
長期安定的な利益分配の実現

①運用資産が違う

賃貸住宅に特化して投資

賃貸住宅は収益の安定性が高い資産
  1. 賃料が景気の影響を受けにくく安定している
  2. 入居者が分散しており、稼働率が安定している
  3. 地震等の天災による1棟当たりの影響額が小さい
景気変動の影響を受けにくく、賃料収入が安定

②資産規模が違う

賃貸住宅特化型J-REIT No.1の資産規模

資産規模が大きい利点
  1. 物件数が多くなることで立地の分散が図られ、地震等の天災による損害の全体への影響度が小さくなる
  2. 日々売買される投資口が多く、投資口の流動性が高くなる
  3. スケールメリットが効き、運営コストを抑制できる

③積立金が違う

J-REIT 断トツの任意に取り崩せる積立金を保有

積立金が大きいとできること

物件の売却損や天災による被害等分配金が減る事態になった場合、積立金を取り崩すことで分配金の減少を防ぐ。

安定した分配金

何が違うのADR?

  • 何が違うの?ADRページはこちら